カテゴリー「お仕事全般」の122件の記事

2018年2月19日 (月)

ちよだ猫まつり2018に参加しました

 2/17、18に千代田区役所にて行われた「ちよだ猫まつり2018」にぶたぶたとともに参加してきました!

Img_9581

『NNNからの使者 猫だけが知っている』(ハルキ文庫)を出したことで、「これを売るってことで参加してもいいんじゃね(゚д゚)?」となったのでありました。正確には、毎年ニャンダフルマーケットにブースを出している「針と糸」さんの片隅をお借りする、ということなんですが。
 ちなみに「針と糸」さんは猫のニットグッズのお店です。もちろんすべて手編み。猫柄のマフラーが人気でしたよ!

Img_9576

『NNN』だけじゃなく、表紙に猫がいてもちろん猫の話もある『ぶたぶたのお医者さん』(光文社文庫)も売れるな! と思いまして、両方出版社さんから何冊か送っていただき、並べます。

Img_9572

 さらに猫の話じゃないけど、表紙に猫がいる『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』(講談社タイガ)も家にあった在庫を並べる。

Img_9575

 本を買っていただいた方には、ぶたぶたとピノンが描かれたしおりをプレゼントしました。

Img_9589

 ということで二日間、たくさんのファンの方、そしてはじめましての方とも交流できて、とても楽しかったです。
 作家のサインの作法、というのはあるのかないのかわかりませんが、あったとしてもおそらくダメダメな対応しかできていなかったと思われる……。たとえばサインしている間にちょっとしたおしゃべりをして笑わせるとかね。私は「字を間違えちゃいけない」とか「落款がズレたら大変」とか、そればっかりで頭がいっぱい。しかし、私には代わりにサービスをしてくれる存在がいる! それはもちろん、山崎ぶたぶたです(´ω`;)。サインしている間、ファンの方には抱っこしていてもらいました。写真を撮る方、ひたすら撫でる方、自分のぶたぶた(ショコラのぬいぐるみ)と並べる方など、みなさん様々な反応をなさる。喜んでいただいて何よりです。が、ぶたぶたを知らない方にはその作戦は通用しないので、無愛想で失礼をいたしました……。
 そうなのです、けっこうぶたぶたやNNN知らない方も手に取っていただきました。「本が好きだから」とか「表紙見て」とか「NNN(ねこねこネットワーク)を知ってるから」とか、そういう理由で私のことを知らない方も買っていかれました。その中の一人でも、他の作品を読んでくださるといいなあ……。
 割とお子さん(ほぼ女の子)が買ってくれたのですよね。小学生くらいの女の子たちが、三冊をじっくり吟味して一冊だけ買っていく、というのもありまして──朝読書とかで読むのかしら。お子さんには『繕い屋』が人気でした。やはり表紙かなあ。ラノベっぽくもあり、ものすごくかわいいから。でも、それを見ていて気づいた。
「内容的には『繕い屋』がもっとも子供向けではない」
 と(´∀ ` ;)。おそらくもっとも読みやすいのは『ぶたぶたのお医者さん』で、NNNも同じくらい読みやすいんですけど、第一話の主人公がサラリーマンというのがね……どうなのかしら。別に平気かなあ。
 猫イベントとしての特徴としては、サインの宛名に「猫の名前を」というのがあったことです。そういう時は、お互いのおうちの猫の話などしました。楽しかったです。
 それから、私がイベントに参加していることを知らなくて、偶然通りかかったぶたぶたファンの方もけっこういらっしゃったのですよね。NNN読んでる方もいらっしゃいました。猫好きな方、ということですね。猫とぶたぶた両方満喫していただきました。
 本の持ち込みもOKでしたので、それらにもたくさんサインしました。単行本版の『ぶたぶた』をお持ちの方も。落款のインクの乗りが文庫とは全然違っていたので、かすれていないか心配です。
 そうそう、私のサイン、普通に名前書くだけなので、いつも落款(というかハンコ)を押すのです。ぶたぶたとピノンの二種類。今回は圧倒的に「両方!」という方ばかりでした。初めての方も「両方」というのが多くて、なんだろう、やっぱり「せっかくだから」って感じですか(´∀ ` ;)?

 ざっと二日間の感想をまとめました。
 写真が少ないのが悔やまれる……。なんとなく撮るヒマなくて。ブース全体とか、会場の他の場所なども撮ればよかった。写真は撮り慣れていないと本当に忘れてしまいますね。今後の課題です。
 実は前日まで原稿を書いておりました……。しかも風邪っぴきのまま。「これ、終わるのかよ(´;ω;`)」と思いながらも、なんとか終わらせてのイベントでした。うつしちゃいけないと思いましてずっとマスク姿で失礼しました。春には新刊が出る予定です。
 あ、あと千代田区役所のあのイベントホール? なんと床暖房だったんですよ! すごくびっくりした! 窓際のブースだったんですが、そのおかげで底冷えしなくて最高。そうじゃなかったら風邪がさらに悪化したかもね。
 二日間、楽しかったです。いらしてくださった方々、SNSでRTやシェアやいいねしてくださった方々、ありがとうございました。「行けなくて残念」と言ってらした方々も、また機会がありましたらお会いしたいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

ちよだ猫まつり2018に参加します

2/17、18に千代田区役所で行われる「ちよだ猫まつり2018」の「針と糸」さんブースにて『NNNからの使者 猫だけが知っている』と『ぶたぶたのお医者さん』を手売りいたします。
お買上げの方には特製しおりをプレゼント!
サインもその場でいたします。落款もぶたぶたと猫の二種類ございます。持ち込み本のサインもOKです。しおり単独での購入もできます。
Instagramにも載せた写真ですが、よーく見ると特製しおりがちょっとだけ見えます。

Img_9558

よろしくお願いいたします! それまでに原稿終わるのかあたしっ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月22日 (金)

『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』本日12/22発売!

『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』(講談社タイガ)、本日12/22発売です!

人の悪夢の中に入り、心の傷を料理して、おいしく消化させてくれる女の子・平峰花の「繕い屋」としてのお仕事を描きます。謎多きヒロインの物語です。ほのぼの、癒やし、ハートウォーミングであり、おいしくもあり、ほんのりホラーテイストでもあり、しかも猫まで出てきます。私の持ち味が、かなり詰まっている作品となりました。ぜひお楽しみください。
Twitterで「ラノベ売り場にあるかも」とつぶやいたのですが、今日私が回った本屋さんでは、いずれも一般文庫のところに置いてありました。すみません……。講談社文庫のところを見てくださいね。

どうぞよろしくお願いいたしますー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火)

講談社さんへ行ってきました

12/22頃発売『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』(講談社タイガ)のサイン本作りのため、講談社さんへ行ってきました。

Img_9160

実は私、講談社内に入るのって初めてです。ティーンズハートで書いていた時も編集部へ行ったことはなく、その頃はなんと、新社屋もなかった!
関係ないけど、光文社さんの前でぶたぶたの写真を撮ったこともなかった(´ω`;)。

それはさておき。
新刊にひたすらサインをしました。130冊ほどあります。

Img_9164 Img_9167

今回のサイン本のために作った新しいハンコも押してあります。(それは見てのお楽しみ。たまにオマケもあるかも)
編集さん手作りのPOPもありました。

Img_9170 Img_9189

すごいんですよ、特に左側のはチーズとパンの入った小さなスキレットがそれぞれ違ったりして。とても凝っているので、本屋さんで遭遇した方はぜひじっくり見てください!(ありがとうございます!>Kさん)

サイン本がどこの本屋さんに配られるのか、というのはなかなか確定してなくてですね……Twitterで本屋さんがつぶやくのをエゴサーチして、リツイートする予定です。確実な情報があれば、またお知らせしますし。

早いところでは明日から出回るらしいですが、全国に行き渡るのはおそらく22日頃でありましょう。
どうかよろしくお願いいたしますー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

12/22頃発売『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』の書影など

12/22頃発売の新刊『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』(講談社タイガ)の見本が届きました!
表紙もAmazonに出ましたね(こちらの発売日は12/21)。とてもかわいい(´ω`*)。もう来週発売なのですねー。
告知できることもあると思いますので、楽しみにお待ちください!
書影も載せておきますね。

20171216tsukuroinashi001 20171216tsukuroiari001

よろしくお願いいたしますー。

『ぶたぶたラジオ』の感想なども読ませていただいています。みなさま、ありがとうございます!
あとがきにラジオドラマのことを書かなくて不覚……。この記事この記事を参考になさってください……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

12月発売『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』予約開始

12/20頃発売予定の『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』(講談社タイガ文庫)、Amazonでの予約が始まりました。
Amazonの商品説明のを流用いたします。

あなたの心の傷を繕います。
悪夢を美味しい料理にかえてーー。
<繕い屋>を営む花は、心の傷が原因で見る悪夢を美味しい料理にかえて、傷を癒やす不思議な女性。
過去を変えることができないなら、傷を癒やす方法は、自分の傷を自分で「食べて」「消化」すること。
キノコのステーキ、お菓子の家、月のチーズにかき氷。
どんな悪夢も<繕い屋>が治します。

そんな、夢と食べ物の物語です。
あら、まだ一ヶ月以上あるのね、発売日まで。もう少しお待ちください。
よろしくお願いいたします〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

ランティエ12月号に猫エッセイ書きました

お知らせ遅くなりました。
角川春樹事務所のPR誌「ランティエ」12月号の「ねこ・ねこの世界」に、エッセイを寄稿しました。NNNが表紙に!

Img_8940

今月中であるなら、上記のリンクでも読めるはずです。「今月の特集」からどうぞ。
雑誌の方には、『NNNからの使者 猫だけが知っている』のイラストを描いてくださった植木ななせさんのピノンのイラストが見られますよ。他にも植木さんの猫イラストを載っていて、とてもかわいいです!
書店さんで問い合わせてみてくださいねー。
よろしくお願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 1日 (水)

『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』12/20頃発売

12月発売──Σ(゚д゚)ハッ! もう来月なんですね──の講談社タイガ文庫の新刊のお知らせです。
といっても、タイトルが発表されただけで、他の情報はこれからなのですが。

『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』12/20頃発売です。

あらすじは──なんといえばいいのか……主人公の花は「心の傷の繕い屋」である、ということです。
と書くと、ほのぼのな印象かもしれませんが、私としてはほんのりホラーテイストを狙いました。いやっ、そんなに怖くないです。シリアスですけど。猫も出てきます。

どうかよろしくお願いいたしますー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

『NNNからの使者 猫だけが知っている』本日発売!

『NNNからの使者 猫だけが知っている』(ハルキ文庫)、本日10/14発売です!

NNN──人類総下僕化を謀る謎の組織ねこねこネットワークの手によって猫を飼うことになる様々な人々のお話です。
犠牲者は、寂しい独身男、男子小学生、一人暮らしのおばあさんなどなど。読むと猫が飼いたくなる!?

どうぞよろしくお願いいたしますー。

Img_8732_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

『NNNからの使者 猫だけが知っている』は10/14発売

Amazonでは今日12日が発売日ということなのですが、近所の本屋さんに行っても置いてなかった(´・ω・`)……。
角川春樹事務所のサイトでは10/14発売になっているので、出回るのはその頃ですね。フライングで今日明日手に入るところもないではない──という感じ。月曜日になると、おそらく全国で手に入るようになると思います。
間違った情報を言ってしまいまして、申し訳ありません。もう少しお待ちください。
とりあえずうちのNNNからの使者の「ごめん寝」を──。

Img_7768

厳密には「ごめん寝」ではないですけれど……。(ごめん寝の写真、どこかにあったと思ったんだけど、見つけられず)

ところで、『食堂つばめ』も重版になったらしいですよ(こっそり)。
こちらもどうぞよろしくー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧