« 『ぶたぶたカフェ』のPOPとかフレトーとか | トップページ | コミック『クリスマスのぶたぶた』再録 »

2012年9月 6日 (木)

『闇の流儀』&『The Arrival』

 安達瑶さんから新刊『闇の流儀 悪漢刑事(わるデカ)』(祥伝社文庫)を送っていただきました。ありがとうございます!
 最近、うちの近所だけでなく、他の本屋さんでも安達さんのコーナーを見かけたりしています(´ω`*)。

 続きは、昨日買った絵本(?)のお話。

 絵本というより、グラフィック・ノベルなのかな?

 ショーン・タンの『The Arrival』。これは原書です。翻訳本もあります。

 でも、買うなら絶対原書。私は本屋さんで買ったので翻訳本と同じくらいの値段だったのですが、Amazonだとかなり安いよ!
 もちろん、作者のあとがきや裏表紙のレビューが訳してありますが、セリフがいっさいないし、文字も異国(異世界?)風で誰も読めないので、中身を読む分には全然問題ありません。
 表紙の変な生き物に惹かれて買ったのですが、読み終わった時には静かな感動が押し寄せます。
 本屋でパラパラと、あるいは翻訳本の方ならAmazonの「なか見!検索」もありますので、それを見て絵に惹かれたならぜひ! 変な生き物たちがみんなかわいいです(´Д`*)。
 アカデミー賞を獲ったという短編アニメ『ロスト・シング』も見たいなー。

|

« 『ぶたぶたカフェ』のPOPとかフレトーとか | トップページ | コミック『クリスマスのぶたぶた』再録 »

コメント

はじめまして!こんにちは!春に本屋さんで『ぶたぶた』に出逢って、夢中で集めましたが、まだ『ぶたぶたの休日』と『クリスマスのぶたぶた』と『刑事ぶたぶた』とは巡り逢えないでいます。なので、11月を楽しみにしています。ちなみに、小5の娘もぶたぶたさんの大ファンです。
いつも思うのですが、ぶたぶたさんの作る料理は美味しそう!〔ガンボスープ〕とか〔ハンバーグ〕とか食べたい!レシピがあれば作りたい!是非、料理研究家の方とかとコラボしてでもレシピ本を作ってほしい!ぶたぶたさんの料理だと言えば、好き嫌いの多い娘でも苦手な物が食べれるのでは?なんて思います。是非とも出版社の方にお願いしたいです。
読書も好きなんですが、一応主婦なので、料理もしますし、何より食いしん坊なんで美味しそうな食べ物の話は大好き!そして、食べたくなる!レシピがあってもホントに作れるかわからなくても、チャレンジしたい!『ぶたぶたシリーズ』もたくさん読みたいので、お忙しい矢崎先生には難しいかもしれませんが、出版社の方が何とかしてくれないかしら?なんて思って、初コメなのに、思いきって図々しく提案?お願い?してみました。実はこのブログも最近知りました。アナログなアラフォーには、やはりパソコンはハードル高いし。でも、ここならこれからちょくちょく覗けそうです。『ぶたぶたカフェ』もとってもよかったです。

投稿: みかん | 2012年9月 7日 (金) 16時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46012/55591913

この記事へのトラックバック一覧です: 『闇の流儀』&『The Arrival』:

« 『ぶたぶたカフェ』のPOPとかフレトーとか | トップページ | コミック『クリスマスのぶたぶた』再録 »