« iPadで手ぬぐいを撮る | トップページ | 探偵・藤森涼子の事件簿 »

2012年5月26日 (土)

『ダブル・イニシャル』&iPadについて

 新津きよみさんの新刊『ダブル・イニシャル』(角川文庫)を送っていただきました。ありがとうございます!
 帯の文句「ホラーサスペンスの名手、新津きよみの真骨頂!」がそそります〜(´д`*)。

 さて、続きはまたまた近況です。

 というか、iPadのことなんですけどね(´ω`;)。
 何のアプリを入れるか、まだ迷い中……。
 とりあえず入ってたり、新しく入れたものでよく使っているのは、「リマインダー」というToDoアプリと、手書きメモアプリ「Penultimate」。
 この二つで、今までパソコンの脇に置いていたメモノートを使わなくなってしまいました。
 私はこのノート一冊に仕事のこともプライベートなこともメモっていて、やらなきゃいけないことは付箋に書いて貼って、終わったらはがして捨てる、というやり方をしていたのです。
 このやり方はなかなか効率的なのですが、問題はやることが多くなるとノートがいっぱいになってしまうところ。付箋がペラペラするのもうっとうしい。たいてい忙しくて時間がない時なので、余計イライラしちゃうし。
 それが「リマインダー」だとリストになるだけですから、そういうわずらわしさがない。ノートがいっぱいになるのがいやで書かなかったことなどもどんどん入れています。忘れてもいいや、と思うようなことですけどね。行きたいところとか、食べたいものとか。やるとちょっといい気分になれるようなこと。 
「Penultimate」は指でメモって、重要なことはパソコンに入れ込むんですが、これはたいてい仕事のことなので、今までと同じ。こういうメモは、原稿と同じファイルにしとかないと忘れてしまうので、手間はどうやっても変わらない。
 タッチペンで書くことも考えましたが、そんなにたくさん書くわけじゃないから指で充分。
 これからまた別のアプリに替わっていくのかもしれませんが、今のところiPadは活用できています。いつもパソコンの横にある。iTunesとのWi-Fi同期も快適。
 ていうか、iPad使ってると、PalmとかNewton使ってた頃を思い出すのよねー(´ω`*)。私はdocomoなのでiPhoneを持っていないのですが、iPhoneはあの頃のみんながまさに望んでいたマシンなんだなー、と感慨深いです。

|

« iPadで手ぬぐいを撮る | トップページ | 探偵・藤森涼子の事件簿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46012/54804771

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダブル・イニシャル』&iPadについて:

« iPadで手ぬぐいを撮る | トップページ | 探偵・藤森涼子の事件簿 »