« 徳間文庫版『ぶたぶた』表紙画像 | トップページ | 『ぶたぶたの食卓』ネタバレあとがき後編 »

2012年2月29日 (水)

『ぶたぶたの食卓』ネタバレあとがき前編

 東京は雪が積もっておりますよ……。雪国に比べたら、屁でもないのでしょうが、今んとこやむ気配なし……ふおぉ。

 ところで──。
 今週の金曜日3/2発売『ぶたぶた』を記念して、何かしよう(漠然)と思っていたのですが、ネタバレあとがきはとっくに書いてしまっているしなあ(´・ω・`)──と考えていたら、『ぶたぶたの食卓』『ぶたぶたのいる場所』『クリスマスのぶたぶた』のネタバレあとがきは書いていない! と思い出しました。(『刑事ぶたぶた』『ぶたぶたの休日』は以前のサイトで公開済。機会があれば復活予定)
 Twitterでつぶやいたところ、やはり料理ネタにはみなさま敏感に反応するようなので、この際『ぶたぶたの食卓』のネタバレあとがきを書こうかな、と思い立ちました。
 いささか方向が違う気がするけど、内容のことより食べ物の話ばかりになるかもだけど、(゚ε゚)キニシナイ!!

 ではさっそく。『十三年目の再会』と『嘘の効用』です。

●『十三年目の再会』
 と言っても、だいぶ『再びのぶたぶた』の『桜色七日』(前日談だから)とかぶってしまうのですが。
 それに残念なことに、この中華屋さんのモデルになったお店、この間閉まってしまったのですよね……。ご主人がお亡くなりになってしまったので──もうチャーハン、食べられなくなりました。
 ちょっと珍しいタイプのチャーハンだったから、同じような味を見つけるのは難しそうだ……。パラパラのでもないし。パラパラのじゃ違うんですよねえ。
 ここは餃子も大好きでした。他のメニューもすごく安くて、ボリュームがあって。レバー炒め(レバニラじゃなくて)をいつも食べてたなあ……。
 炒めものや麺やご飯ものは安いのに、一品料理は高い。勇気を出して頼んでみたら、とても二人では食べきれないほど(それでも食べた)出てきて、そのせいでめったに食べられませんでした。豚肉の唐揚げとか肉団子とか、もっと食べておけばよかった。
 私が今住んでいる街はこういう昭和の雰囲気が漂うお店が多いのですが、経営者は年配の方が多く、そのためにお店を閉めざるを得ない、というのも少なくありません。
 この間も、ある意味伝説のラーメン屋さんがついに閉店してしまいました(´・ω・`)。ものすごい店だった……。あそこのようなラーメン屋には、もう二度と出会えそうにない。
 そして、以前日記にも書いたけど、メンチカツを売っていた実家近くの肉屋さんもなくなってしまい……。
 思い出の味が食べられなくなる淋しさは、食いしん坊の私にはつらいものがある。
 しかし食いしん坊だから、これからも新しい味を探し続けますけどっ(`・ω・´)。
 血圧が許す範囲で、ですけど……orz

●『嘘の効用』
 タイトルが適当だな、といまだに思う作品です(^^;)。
 男の料理──というか、自炊がテーマですが、私としては潮干狩りあとのあさり尽くしが楽しかったから書いた物語です。
 東京湾で胴付長靴を履いてやった潮干狩り──山ほど持って帰ったはずのあさりを次の日には食べつくしてしまいました。めちゃくちゃおいしかった。海に座り込んで熊手を振るうのも超面白くてねー(´д`*)。腕がやたら日焼けしましたが。
 あさりを使った料理3品は、その時に作ったものです。あ、酒蒸しはどうだったかな? うちはお酒を飲まないのでね。ボンゴレは簡単でものすごくおいしかったです。海水につけておくので、塩気は本当にいらない。あさりが潮を吹くので、床が水浸しになるけど(^^;)。
 炒めものはご飯が進みすぎるので、危険です。
 残念なのは、あれ以来スーパーで売っているあさりを食べようという気がなくなってしまったことです。潮干狩りに、また行きたい(TωT)。

 

|

« 徳間文庫版『ぶたぶた』表紙画像 | トップページ | 『ぶたぶたの食卓』ネタバレあとがき後編 »

コメント

こんばんは、矢崎さん。

美味しいあさり、いいですよね。
母の田舎の近くの有明海のあさりも、身がぷりぷりしていて大きく美味しいです。
ついでに言えば、今年は不漁だったものの、牡蠣も絶品です。
小さい頃は、よく有明海の干潟で潮干狩りをしたものです。懐かしく思い出しました。ありがとうございます。

投稿: こっぱもち | 2012年2月29日 (水) 20時34分

矢崎先生の料理の話を読むと、梅干しを想像したときのように、ヨダレが出てきます(´ρ`)


アップルパイ、ガレット、雑炊も食べてみたいですね☆(>∀<)

投稿: はぁこ | 2012年2月29日 (水) 21時11分

>こっぱもちさん
 小さい頃は、水着を着てぺったり座り込んでやったものですよね。砂場遊びの延長な上、汚れても怒られないって、子供にとって潮干狩りは夢のように楽しかった。
 胴付長靴でやると、大人でもその頃のこと思い出して、いい天気だったりすると本当に爽快になります(^_^)。

>はぁこさん
 食いしん坊なもので……どうしてこんなに食い意地が張っているのか、と我ながら呆れますがorz
 今狙っているのは、無殺菌牛乳です。

投稿: 矢崎存美 | 2012年3月 2日 (金) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46012/54105128

この記事へのトラックバック一覧です: 『ぶたぶたの食卓』ネタバレあとがき前編:

« 徳間文庫版『ぶたぶた』表紙画像 | トップページ | 『ぶたぶたの食卓』ネタバレあとがき後編 »