« ぶたぶたのアップルパイ、栃木で販売 | トップページ | まんがグリム童話 猟奇おとぎ話〜世界の鬼女・妖女 »

2010年8月20日 (金)

からくりがたり

 西澤保彦さんの新刊『からくりがたり』(新潮社)を送っていただきました。ありがとうございます!
「謎が連鎖し、推理が交錯する幻術(マジカル)ミステリ。」(帯より)
 だそうで──西澤さんらしくてワクワクしますねー。
 そうだ。いつか西澤さんに「ぶたぶたのアップルパイ」を味わっていただきたい……。喜んでくれるかなあ。
 続きは近況です。熱中症について。

 先日、熱中症らしきものになりました。
 朝起きたら、猛烈な頭痛。実は夜中に暑くて起きた(エアコンを一晩中かけると身体がだるくなってしまうので、タイマーで切っている)時も頭痛はあったんですが、その時は水分を補給するだけで寝てしまっていました。起きたら余計ひどくなっている。
 実際のところ、熱中症なのか単なる片頭痛なのか、よくわからなかったのですが……体温を測る余裕もなかったし。朝の用事も何とかこなしていたし。
 でも、朝食後に「いよいよダメだ」と思い、頭痛薬を飲み、横になりました。頭や脇を保冷剤で冷やそうとしましたが、当てると寒気と鳥肌が治まらず、じっと寝ているのが精一杯。エアコンもなし。でも早朝だったし、風通しのいいところだったので、まだよかった。
 水分は、オロナミンCと梅干しと麦茶で糖分と塩分とミネラルも摂取。あとからテレビで見た「飲む点滴」──経口補水液を作って飲めばよかった、と思ったけど、この組み合わせもあながち間違っていなかったみたい。→ 梅干しを使った経口補水液の作り方
 軽かったのか、1時間ほどで何とか復活しました。でも、午前中いっぱい、ちょっとふらふらしていたかなあ。
 ネットなどで話を見つけてみると、寒気と鳥肌というのは、けっこうあるらしいです。それから一番危ないのは、自分が熱中症だとわからないことらしい。確かに、単に具合が悪いとしか思えないよねえ……。
 気をつけているつもりでも、自覚が遅れると大変です。まだまだ残暑厳しいので、みなさまもくれぐれも注意を。

|

« ぶたぶたのアップルパイ、栃木で販売 | トップページ | まんがグリム童話 猟奇おとぎ話〜世界の鬼女・妖女 »

コメント

こんにちは! 先生、もう大丈夫ですか?

熱中症、甘く見ると大変ですよ! 私も二回ほど熱中症で病院に行ったことがあります。一回は軽くて済みましたが、もう一回は結構つらかったです。

それから大嫌いなスポーツドリンクを「おくすり、おくすり」と唱えながら飲んでます。

幸いなのか、今年はクーラ-利いている場所ばかりにいて、冷え症に磨きがかかっています。
うまくいかないですね。

お大事になさってください。 

投稿: ロカ | 2010年8月20日 (金) 17時18分

 こんにちは、ロカさん。
 お見舞いありがとうございます。熱中症で病院! 大変でしたねえ……。
 冷え持ちは夏場もつらいですよね(;_;)。東京の夏はどんどん過酷になっているので、冬の方が過ごしやすいと思うくらいです。昔は夏の方が好きだったけどなあ……。
 ああ、健康な自律神経が欲しい(´д`;)。
 ロカさんもお大事に。

投稿: 矢崎存美 | 2010年8月21日 (土) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46012/49197055

この記事へのトラックバック一覧です: からくりがたり:

« ぶたぶたのアップルパイ、栃木で販売 | トップページ | まんがグリム童話 猟奇おとぎ話〜世界の鬼女・妖女 »