« 『再びのぶたぶた』ネタバレあとがき2 | トップページ | 『再びのぶたぶた』ネタバレあとがき4 »

2009年12月16日 (水)

『再びのぶたぶた』ネタバレあとがき3

『再びのぶたぶた』のネタバレあとがき、その3です。
「隣の女」について。
(明日とあさっては更新できないかもしれません)

 メタフィクションものです。当初からそう考えていたのではなく、いつの間にかこうなってしまいました。何人か出てきた作家を主役にしよう、と考えていただけなのですが。
 最初は『ぶたぶたと秘密のアップルパイ』に名前だけ出てきた伊万里ただしの話にしようと思っていて、実は途中まで書いたのです。ラノベ作家の伊万里は、初めて一般書籍のハードカバーを出すことになり、その出版社のパーティーに呼ばれます。そこで、担当の編集さんから3人の作家を紹介される。その3人というのが、今回の主人公・鳥海広大と、その友人で「ありすの迷宮ホテル」(『ぶたぶたのいる場所』)の主人公・熊野井育巳と、『ぶたぶた日記(ダイアリー)』で講師をしていた磯貝ひさみつ。(鳥海と熊野井は名前をつけてなかった。熊野井は出番がなかったけど、つけといた)
 これは書いててとても楽しかったけど、ボツです。違う世界を混ぜちゃうと、私自身も混乱するし。ちゃんと作品にはできないな。
 それからうじゃうじゃと考えて、結局鳥海が主役になりました(ここら辺の細かいところは、もう記憶から消えています(^^;))。あ、ぶたぶたの誕生日(6/19)のことを書こうかな、と思ったんだった。それで、手作りのものをプレゼントするって話になって──ぶたぶた、ホラーもの好きだし。お気に入りの作家はスティーヴン・キングとトマス・ハリス。それで手作りホラー小説をってことに(^^;)。熊野井は絶対に拒否するだろうから、鳥海が書くしかなくなりました。
 書いている最中に思い出したのは、ウィリアム・ゴールドマンの『プリンセス・ブライド』。「わたしだ」と出てくる作者、ですね。
 朱雀先生のことも書けて、私は満足していますが、ぶたぶたがあの小説を読んでどう思ったかは、やっぱりわかりません(^^;)。

|

« 『再びのぶたぶた』ネタバレあとがき2 | トップページ | 『再びのぶたぶた』ネタバレあとがき4 »

コメント

あのおはなしを読んだ後、ぶたぶたさんの感想がとても知りたい気持ちになりました
でも、自分が好きだと思っている作家さんが自分のためにしかも自分を主人公にして書いてくれた話なら嬉しいに決まってますよね

投稿: ルルル | 2009年12月16日 (水) 23時47分

あのホラーは確かにぶたぶたさんの感想が気になりますね。

作品が仕上がっていく途中で、隣の女の行動は予測できましたが、でもやっぱりぶたぶたさんまで食べようとしているのは、ぞぞぉっとしました。

たとえ、自分が食べられそうになっているお話だとしても、ぶたぶたさんは大満足だったに違いない!!

磯貝先生のその後も見てみたいなぁ~

投稿: らるざ | 2009年12月17日 (木) 08時36分

>ルルルさん
 すごく喜んだと思います>ぶたぶた
 なんかもう、それだけで満足だったはず。自分がどう扱われていようと(^^;)。

>らるざさん
 磯貝は多分、結婚していると思います。4人の作家のうち、確実に3人が独身なので、彼くらい妻帯者にしたい、と思っただけですが(^^;)

投稿: 矢崎存美 | 2009年12月18日 (金) 10時02分

毎回楽しく拝見させていただいております。
今回の「再びのぶたぶた」のおかげでぶたぶたシリーズを読み返しておりました。それで、「ぶたぶたと秘密のアップルパイ」を読み返し、気になることが出てまいりました。
伊万里ただしの存在です。こちらで確認したところ名前だけの登場という事でしたので納得はしたのですが、最後の部分で悠とぶたぶたとの会話の中でかなり意味深にとらえてしまった部分がありました。悠がサインを貰うシーンです。森泉風子がまだ伊万里ただしに話していないという件です。
まさか、これまでの作品に伊万里は登場していたのか!実はすでにぶたぶたの知り合いで読者である我々が知りうる存在なのかー!どこで!っと眠れなくなってしまい、他の作品もむさぼるように読んだのですが、さっぱりわからずじまい・・・
もしかして風子の夫ですでにぶたぶたとは面識があった!という展開も勝手に想像しておりました。
なかなか風子の夫がぶたぶたの3号店に登場しないところがあやしい・・・
もし、機会があったら是非伊万里ただしを登場させた作品を書いてください。
なんて身勝手で勝手なお願いなのだっと自分でもわかっておりますが馬鹿な素人のたわごとと聞き流して下さって結構です。coldsweats01

投稿: momopurin69 | 2010年1月14日 (木) 06時59分

 こんにちは、MOMOPURIN69さん。ぶたぶたお読みいただきありがとうございます。
 何だか気を揉ませてしまってすみません……。伊万里ただしはまだ登場していません。この記事内に書きましたけど、ボツになった彼主人公の作家4人話ができあがっていたら、それが初登場になったはずでした。しかし、できあがったとしても彼はぶたぶたの話を聞くだけで、会ったりする設定ではなかったんですよね。
 けど、彼の話はいつか書きたい、と思っていますよ。いいネタが浮かべば(;_;)、ですが……。

投稿: 矢崎存美 | 2010年1月14日 (木) 07時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46012/47038829

この記事へのトラックバック一覧です: 『再びのぶたぶた』ネタバレあとがき3:

« 『再びのぶたぶた』ネタバレあとがき2 | トップページ | 『再びのぶたぶた』ネタバレあとがき4 »