« 映画三昧だった日々 | トップページ | 最近のマイブーム »

2009年11月16日 (月)

一番感動した映画

 13日の日記のコメントで「今まで観た中で一番感動した映画を教えて」と質問をいただいたのですが、悩んだ&コメントではタグが使えないので、独立した記事にしました。(悩んだと言っても、楽しい悩みでございましたよ>ルルルさん)

 好きな映画は? と訊かれる方が、ぱっとと出てくるかも、と思ったのですよ。感動……いや、感動しないわけではないのですが、本当の意味での感動って、その時の気持ちや年齢なんかに左右されないものじゃないといかんかな、と思って。一回こっきりだと、見直した時「ええー(´д`;)」みたいなのもあるし。
 それで思い浮かんだのは、『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『八月のクリスマス』『ショーシャンクの空に』。最近の作品だと『グラン・トリノ』『ウォーリー』など。
 その中でも一番感動したものというのは難しいのですが、一番のお気に入りは『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』です。昔つらい時には、この映画を思い出したものです。

「実験のために宇宙船に乗せられたライカ犬に比べれば、僕の人生はまだましだ」

 と子供なのにけなげに思って、淋しさに耐える主人公──あの子だって、そうやってがんばってたんだから(;_;)、と自分に発破かけてましたよ。
『八月のクリスマス』とともに地味な映画ではありますが(^^;)。『八月のクリスマス』は今の韓流ブームよりずっと前の映画でしたね。
『ショーシャンクの空に』はスティーヴン・キングの原作が大好きなのです。原作の感動がそのままだったのにも感動。
 すごく泣いた映画で思い出すのは、『ナチュラル』『あの夏、いちばん静かな海。』ですが、今見たらどうなのかな……?

 ちなみに一番好きな映画は『ダイ・ハード』です。一番たくさん見ている映画でもあります。何十回と(^^;)。脚本フェチとしてははずせません。

  
  

『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』DVDは新品のものなし……orz 2010年10月29日に、HDマスター版が再発売されます!(Blu-rayも同時発売。やったーヽ(´ω`)ノ)
 このジャケット、とってもすてきだ……(´д`*)。この映画を好きな人なら、ぐっと来るシーン。

 

|

« 映画三昧だった日々 | トップページ | 最近のマイブーム »

コメント

こんにちは、矢崎先生。「ショーシャンクの空に」はイイですよね。私も原作の「刑務所のリタ・ヘイワーズ」が大好きなので、あの感動がそのままで嬉しかったです。

投稿: ちこ | 2009年11月16日 (月) 12時16分

こんにちは、矢崎さん。
貴重なお時間をたくさん使っていただいてありがとうございますm(__)m
とっても嬉しかったです!
宇宙船に乗せられた犬を思って耐える少年って、観る前から自分が泣いてしまうのがわかります…(^^;
教えていただいた映画、レンタルしてみてみますね!
「ダイハード」が好きというのは、妙に納得してしまいました(^^)
まとまりのないコメントですみません(:_;)
でも、本当にありがとうございました(o^-^o)

投稿: ルルル | 2009年11月16日 (月) 14時16分

>ちこさん
 原作、よかったですよねえ。キングって短編だと「ええー(´д`;)」みたいなの多いですけど、あれくらい長さ(もはや長編ですが)だとかえってオチの効いたものになる感じがします。

>ルルルさん
 いえいえ、考えるのが楽しかったですー。
『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』は、あのセリフを出さないわけにはいかないんですけど、言うほど湿っぽくはないんです。お涙ちょうだいものじゃないのが、いいんですよねえ。

投稿: 矢崎存美 | 2009年11月17日 (火) 07時27分

私が一番好きな映画は、やっぱり新海誠さんの「秒速5センチメートル」ですかね。
映画を見てから小説を読んだら、もうあれほど完璧な作品はないんじゃないかと思いました。
あと同監督の「雲のむこう、約束の場所」も好きです!

投稿: 彼ノ岸 萩 | 2009年11月19日 (木) 23時04分

 こんにちは、彼ノ岸萩さん。
 残念ですが、両方とも見たことありません……ごめんなさい……。最近のには疎いですね(^^;)。
 機会があれば見てみたいですー。

投稿: 矢崎存美 | 2009年11月20日 (金) 08時57分

映画の話は好きなのですが、乗り遅れました、、
「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」「ショーシャンクの空に」はいいですね。
どちらも大好きです。
『ダイ・ハード』は面白いのですが、悪役ファンとしては個人的に悪役が弱いのが残念な所。
FBIはもっと弱いですが。
なので実は2と3が好きだったりします。
特に3はジェレミー・アイアンズの悪役がいいのでお気に入りです。

投稿: きさ | 2009年11月21日 (土) 00時03分

 こんにちは、きささん。
『ダイ・ハード』はいろいろな要素が加わって大好きな映画になっています。アクション映画のエポックメーキングな作品であるとか、原作小説よりも面白くなっている珍しい作品であるとか、脚本に穴がなく何年たっても古くならないところとか(パソコンのモニターがCRTであるところが今は少し残念)、キャラクターの描き方が敵方脇役まで含めて魅力的であることとか。DVDの吹替が秀逸(テレビ版の野沢那智とは別の声優さん)であることまでが、とにかく大好きなんです。「ココが好き!」と小ネタを言い始めたら、止まらないっすよ(^^;)。
 そのあと2〜4.0までも面白いですけど、そういう付加価値はないので、好きというのとはちょっと違うかなあ、という感じです。

投稿: 矢崎存美 | 2009年11月21日 (土) 09時38分

ちょっと否定的な事を書いてしまい失礼しました。
『ダイ・ハード』は三谷幸喜さんも大好きだそうで、和田誠さんとの楽しい映画対談「それはまた別の話」でも取り上げていました。

投稿: きさ | 2009年11月22日 (日) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46012/46776759

この記事へのトラックバック一覧です: 一番感動した映画:

« 映画三昧だった日々 | トップページ | 最近のマイブーム »