« 一番感動した映画 | トップページ | いつか響く足音 »

2009年11月20日 (金)

最近のマイブーム

 ──というほどのものではありませんが、昔読んだ本や見た映画を読み直し・見直しすることばかり、気づいたらしているような……。
 別に新しいものに興味がないわけではありません。単純に時間経過の問題ですかね。わたくし、もう人生折り返し地点にいるものですから、十代や二十代に読んだり見たりしたものを、ぶっちゃけ忘れてしまっているのですよ(^^;)。それで見直すと、なつかしさに新鮮さが上乗せされて、大変楽しいのです。
 でも、映画は割と古いものもDVDになっているのですが、本が大変。最近はだから、図書館や古本屋巡りをしています。Amazonのマーケットプレイスなんかで買ってもいいんだけど、これをやり始めると際限なくなりそうなんで、足で探しています。
 映画も、レンタル屋さんにないもの、けっこうありますね……。見直しじゃないけど、夫婦ともに見ていないので見てみようという話になった『タワーリング・インフェルノ』を探しに行ったら、リメイク版しか置いてなかったよ……orz 古いものが見たいのにっ! スティーブ・マックィーンとかの(そうだよね?)! オールスターキャストのはずなのに、知らない顔ばっかジャケットにあって、びっくりしたよ!
 まあ、好きな映画は割とDVDで買っていて、それで満足しちゃって以来見ていないものがかなりあるので、しばらくはそれを楽しめそうですが。

|

« 一番感動した映画 | トップページ | いつか響く足音 »

コメント

初めてコメントさせていただきます。麗夜さんのファンでもあります。多分同世代ですね(笑)私も最近、若い頃読んだのに手放してしまった本が無性に読みたくなって、探しています。
矢崎さんほど理性がないので、amazon、ヤフオク、復刊コム、図書館と手当たり次第です…orz
マンションの床が抜けたらどうするんだと、主人に怒られてます。
宝くじが当たったら絶対書庫を建ててやる!と言う野望に燃えてます。(笑)

投稿: chibikota | 2009年11月20日 (金) 12時34分

こんばんは、矢崎さん。

私は、矢崎さんとは逆で、十代や二十代の頃に読んだ本が少ないので、今になって図書館でSF全集の一部を借りたりして読んでいます。
海外のSFを、読んでいないのがコンプレックスなんです。SF大会に参加して以来、ひしひしと感じています。
せめて、名作と言われているものだけでも読みたいものです。

投稿: 如月ゆかり | 2009年11月20日 (金) 20時24分

こんばんは、矢崎さん。
あー、何かわかる気がします(^.^)
昔読んだ小説とか、漫画とか、映画って、初めて遭遇した時のことが蘇ったり。
確かにみたはずなのに全く記憶が蘇らなかったりしていいですよね(^◇^)
もうこれはいいかなと思って処分したのに、急にまた探したりして(:_;)
最近はネットで探したり、大きな古本屋さんで探したりできるので助かります(*´∇`*)

投稿: ルルル | 2009年11月21日 (土) 00時51分

初めまして、矢崎先生。ぶたぶたシリーズ楽しみにしています。

私など、1日前に見た映画の細部も忘れていたりします。特に学生時代に見た映画はお酒をお供にしていたりして記憶状態は最悪です。
でも、印象深かった映画はやはり覚えているので、それはそれで良いのかなと思っております。

え~と、何が言いたいかと申しますと、私はなるべくたくさんの作品を知る為に、2度観は最小限に控えています、ということです。古典名作を知らないと言われても、自分の生年月日以前の作品は知らなくてもいいかな?と。(でも小津作品は別格)
うーん、でもやっぱり読書量を上げる挑戦は必要ですよねぇ~。

投稿: ハインド | 2009年11月21日 (土) 05時09分

 みなさん、感じ方がいろいろで面白い──。

>chibikotaさん
 はじめまして〜。
 私もたっくさん手放してしまって、後悔している口です(>_<。)。理性というより、もはや封印の域ですよ(^^;)。私も宝くじを当てたい〜。

>如月ゆかりさん
 それはそれで幸せではないか、と思ったりします。確かに若い頃に読みたかったと思うようなものもありましょうが、知識がない段階で読んでもわからなくて、つまらない本に分類されちゃう可能性がありますからね。歳をとって読解力が上がってから読む方が楽しめる本の数は多いような気がします。

>ルルルさん
 映画のラストシーンを見て、ようやく「見たことある!」と思い出したりもしました(^^;)。楳図かずおのマンガを読み直した時は、だんだん思い出してきて、途中でページがめくれなくなりましたね。
「次のページに怖い顔がある!」
 とわかった時点で読むのをやめました(^^;)。(わざわざ買ったのに)

>ハインドさん
 はじめましてー。
 私も数年前まではそうでしたよ。なるべくたくさんの作品を知る方を優先していたんですが、いつの間にか変わってきてしまいました。
 多分、ちょっと疲れてきてしまったんだと思うのです。新しいものは未知なだけに損(がっかり)もありますからね。得られるものは大きいですが、損であってもそれにめげないエネルギーが今の私には足らない。だから、得は少ないけど、損のないものを求めるんだと思います。
 そうやって少し私に優しい読書や映画鑑賞をして、エネルギーを貯めたら新しいものに挑戦、というところでしょうかねえ。

投稿: 矢崎存美 | 2009年11月21日 (土) 10時03分

こんばんわ!
「タワーリング・インフェルノ」、いいですよね~。
小学生の時にTVで観て、火だるまの人に衝撃を受けた記憶があります。その時はとにかく怖かったのですが、大人になってもう一度観たら、S・マックイーンやP・ニューマンが格好良いし、人間模様がすごく描かれていて。
個人的にはフレッド・アステアが好きなので、最後は泣けました。
アカデミー賞の季節になるとNHK-BSなどで放映される可能性があるのでは、と思います。私も以前、それで観ました(^_^)v

投稿: matsu | 2009年11月23日 (月) 20時57分

 こんにちは、MATSUさん。
 おおー、ますます見たくなってきましたー>『タワーリング・インフェルノ』
 年末なんかも狙い目かな? 録画すると見ないままになっちゃう可能性があるから(^^;)、何とかリアルタイムで視聴したいです〜。

投稿: 矢崎存美 | 2009年11月24日 (火) 07時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46012/46808917

この記事へのトラックバック一覧です: 最近のマイブーム:

« 一番感動した映画 | トップページ | いつか響く足音 »