« マズルとオメガ | トップページ | 『サマーウォーズ』とガンダム »

2009年7月13日 (月)

谷根千散策

 この間の土曜日、久々に谷根千を歩いてきました。
「谷根千」というのは、東京の谷中・根津・千駄木あたりの下町情緒あふれる界隈のことを言います。某講師をしていた時の元教え子のお嬢さんとデートしてきました。関西から出てくる彼女のリクエストが、谷根千の散策だったのです。
 しかし、私はここら辺、何度も行ったことがあるくせに、旦那に連れられてぷらぷら歩くばかりだったので、あわてて予習をしたですよ。地図を見て、初めて地下鉄の根津駅と千駄木駅、JR日暮里駅の位置関係がわかりました(^^;)。
 気温も湿度もほどほどで、時折薄日が射す程度のまさに散策日和! 竹久夢二美術館へ行って、ねんねこ家いせ辰でてぬぐいを買って、一日たくさん歩きました。何と21431歩! ふふふ、日曜日はたくさん昼寝をしました……orz Kさん、楽しかったよ、どうもありがとう!

 って、普通ならここから、写真とともに散策のレポートってことになるんでしょうが、撮った写真は、ランチのもののみ。ランチは神楽坂の例のクレープ屋さんですよ。塩バターキャラメルのクレープは食べられなかったけどね。谷根千の写真は一枚もないので、もういっそ載せません(・ω・`)。このあとはただのタワゴトです。

 私、ほんとに写真って撮らないなあ、と改めて思ったり。どこかへ行ったりしても、基本的に記録ってとりません。写真もメモも、よっぽどじゃないととろうと思わないのです。自分が写ろうとも思わないので、記念写真すら頭になし。このブログも、どこかへ行ったこととか、めったに書かないっすね。まあ、ここは仕事のお知らせがメインであるのですが。
 記録より、記憶に残るものにこだわる方かもしれません。40ウン年生きてきて、旅行で撮った写真やビデオを見直したりしないとわかっているのです(仕事だったら別ですよ)。記録を見るより、楽しんだ記憶を頭の中で反芻した方がもっと楽しい、と経験からわかっている──っつーか、そっちの方が私は好きなんです。反芻して妄想することによって、変容していくのもまた楽し。変態くさい(^^;)。
 ネタ帳も作らないしな、私。「憶えてられないネタなんて、ネタじゃない!」と豪語していた時期もありましたが、単にめんどくさいだけです。メモしたことすら忘れてたりもするし。憶えている限りでどうにかするか、新たに考えた方が早い。
 手帳もつけなくなったしなあ。このポンコツ頭の中の記憶だけが頼りなんて、考えてみると怖いことです。バックアップがないってことだもん。
 でも、忘れること自体はそんなに怖いと思っていないのです。病的な健忘というのは恐ろしいと思うけど、歳とともに記憶がこぼれていくのは、仕方ない。こぼれていくからといって新しいことが考えられなくなるわけじゃないし、むしろそっちの方が大切だと思ってるからね。もちろん、新しいことは過去の蓄積から生まれるものなので、思い出が大切じゃないって言ってるわけじゃないですよ。しまったものがいつの間にかなくなっていることって、よくあるってことです。
 とにかく、一つしかないハードディスクがクラッシュしないように、気をつけないと。頭の中をそのままそっくりコピーできれば楽なんだけどなあ。

|

« マズルとオメガ | トップページ | 『サマーウォーズ』とガンダム »

コメント

お久しぶりです。
谷中は良いとこですね。
親戚が日暮里に居るのでたまに私も行きます。
最近私はカメラ重視の携帯に変えて、写真を撮りまくってます。
メモや記録は携帯にメモるのでますます文章能力が低下しております。
こう書くと失礼なのは当たり前なのですが、本当に取材等でメモる執筆する作家さんは凄いと思っちゃいます。
ぶたぶたラジオドラマになってたんですね、まあ私の好きな近藤さんですから、再放送あるかなと期待しております。
新聞をやめたのでどうしても最近テレビラジオ等疎くなってしまって。
このブログも友達にぶたぶたって知ってる?って言われ改めて開きました。
多忙のためブログ開かず失礼しました。

投稿: 杉やん | 2009年7月18日 (土) 07時41分

 こんにちは、杉やんさん。
 私も、メモはケータイでしてたりしますよ。メモ帳もあるんですけど、ケータイで打つには長すぎる文章の時だけ使います。
 それから新聞もあまり読まなくなったので、特にテレビは疎いです。情報源は主にネットとラジオになりました。若い頃は全方向に向けられていたアンテナも、歳とともに偏向にならざるを得ない、と思っております(^^;)。

投稿: 矢崎存美 | 2009年7月18日 (土) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46012/45622286

この記事へのトラックバック一覧です: 谷根千散策:

« マズルとオメガ | トップページ | 『サマーウォーズ』とガンダム »