« お試し | トップページ | イカとコアリクイと展望台 »

2008年12月10日 (水)

ウォーリー

『ウォーリー』を見てきました。

 すごくよかった……。たった1時間半ほどの中に、何と愛おしい物語が詰められているものか。最後、泣けてしまいました。思い出しても泣けてくる。
 ピクサーの映画は、いつもいつもベタなお話だけど、いつもいつも挑戦をしている。これの場合は多分、700年あとに見られても大丈夫な映画。
 うん、大丈夫だと思うよ(なぜ上から目線)。こんなテーマを扱っていても、全然説教臭くないしね。ピクサーとアードマンスタジオは、子供に媚びないところが素敵。
 それにしても、MacOSは優秀だ(^^;)。

|

« お試し | トップページ | イカとコアリクイと展望台 »

コメント

矢崎さんが絶賛していたせいもあって見ました。
とても面白かったですが、友人は今年のベストワンと行ってましたが、そこまでかというと、、うーむ。
説教臭くないというのはいいですね。
まあ私がCGアニメにいまいち思い入れがないというのはあるでしょうが。
ただ、矢崎さんだけでなく、友人などこの映画は色々な人が絶賛しています。
個人的には人間のCGはどうも弱い気がしてしまいます。
ピクサーのアニメ映画は 「ファインディング・ニモ」「Mr.インクレディブル」を見ましたが、「Mr.インクレディブル」が話としては面白かったかな。

投稿: さき | 2008年12月23日 (火) 15時50分

 こんにちは、さきさん。
 私もこの映画は今年のベストワンですよ。『ダークナイト』と並んで。ものすごく両極端ですけど、それがちょっとうれしい。
 CGアニメというか、作風に合う合わないはどうしてもありますよね。マンガとかだとわかりやすいです。いくら人から「面白い!」と絶賛されてても、絵柄の好みが合わないとどうもダメなんです、私……。(論点違うかな?(^^;))

投稿: 矢崎存美 | 2008年12月23日 (火) 16時00分

絵柄の話は納得です。なので論点は違っていないと思います。
割と映画は見る方なのですが、今年のベストワンは文句なしに「崖の上のポニョ」です。これはダントツです。
ここ数年でもベストスリーには入ります。
あとは「アフタースクール」「魔法にかけられて」「ハッピーフライト」も良かったです。
割と邦画の方が優勢な感じです。
「ダークナイト」は面白かったのですが、ベストテンにぎりぎり入るくらいかな。まあこれは好みですね。

投稿: きさ | 2008年12月24日 (水) 00時29分

 こんにちは、きささん。
『ダークナイト』や『クローバーフィールド』には、単なる観客としてではなく、クリエイターとしての部分を刺激されました。特に『ダークナイト』は強かった。揺さぶられるような気分でした。私、脚本フェチなんです(^^;)。『ダークナイト』のストーリーラインには徹底したプロ意識があふれていて、ほんとうっとりします。見習わねば、という気力が湧いてきます。
『魔法にかけられて』と『ハッピーフライト』は見ました。『ハッピーフライト』は佳品でしたね。『魔法にかけられて』はお子様向けじゃないバージョンが見たいです(無理だろうけど。けっこうツボなんですが)。

投稿: 矢崎存美 | 2008年12月24日 (水) 08時06分

「ダークナイト」のストーリーラインの話、興味深いです。
私はへたれなのでちょっとあの強さにはついていけない所がありました。ヒロインの扱いとかアーロン・エッカートの検事のキャラとか。
アメコミの映画化だとサム・ライミの「ダークマン」を連想しましたね。
「魔法にかけられて」の大人向け版私も見てみたいです。
もっと苦味の利いた話になるのかな。監督はティム・バートンあたりで、、

投稿: きさ | 2008年12月24日 (水) 23時13分

 こんにちは、きささん。
 私も、小説だときつい話を読むのはダメなんですが(書くのは平気)、映画は平気なんですよね……。
 映画の脚本については、いつかこのブログでも何か書きたいなあ、と思っております。

投稿: 矢崎存美 | 2008年12月25日 (木) 11時25分

ありがとうございます。
どうも映画の話になるとついつい色々と書いてしまうのでご迷惑であればご指摘下さい。

>映画の脚本については、いつかこのブログでも何か書きたいなあ、と思っております。

楽しみにしています。

ぶたぶたの映画化というのも楽しそうですね。
そういう話もあるのかもしれませんが。
やはり現実的には実写よりはアニメですかね。
個人的にはアニメよりは実写を見てみたいのですが。

投稿: きさ | 2008年12月26日 (金) 23時35分

 こんにちは、きささん。
 いえいえ、お気になさらず。
 脚本フェチとはいえ、気に入ったものはほんとに少ないんですけどね。クリストファー・ノーランのはもう一本『メメント』も大好きです。
 ぶたぶたの映像化は──最近、全然お話いただかないですね(^^;)。

投稿: 矢崎存美 | 2008年12月27日 (土) 14時05分

もはやウォーリーの話はカケラもありませんが、、

>ぶたぶたの映像化は──最近、全然お話いただかないですね(^^;)。

最近は、という事はかっては結構あったんでしょうか。
見てみたいなあ、、

投稿: きさ | 2008年12月28日 (日) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46012/43378247

この記事へのトラックバック一覧です: ウォーリー:

« お試し | トップページ | イカとコアリクイと展望台 »