« まんがグリム童話 異聞おとぎ草子 〜日本の鬼女・妖女 | トップページ | 夢日記:茶運びペコちゃん »

2008年8月24日 (日)

私のツボ6『仮面ライダー電王』

 ブログをリニューアルしたので、今度こそ今度こそっ、毎日更新──したい……orz
 そんな希望を胸に、久々のコラム「私のツボ」です。今回は9/6公開の映画『シャカリキ!』です。
 ──と言いつつ、実は『仮面ライダー電王』です(^^;)。

仮面ライダー電王 VOL.1

 この間、『シャカリキ!』を試写会で見たんですよ。自転車ロードレースの映画です。いや、なかなかよかったですよ。まっすぐな演出がさわやか。好感持てます。女の子もかわいかったし。
 主演は遠藤雄弥ですが、私は脇の二人に注目。先輩役の中村優一と他校のライバル役の鈴木裕樹。中村優一は『仮面ライダー電王』で仮面ライダーゼロノスこと桜井侑斗役を演った子で、鈴木裕樹は『獣拳戦隊ゲキレンジャー』でのゲキレッド役の子。ゲキレッドは全然わかんなかったよ。雰囲気があまりにも違うからさー。「ニキニキだあ〜」とか言ってくんないと。って、ゲキレンジャーはほとんど見てなかったんですけどね。でも、見ていた夫もしばらく気づかなかったんだよねえ。
 この3人の若手俳優が、ちゃんと自分で自転車に乗って、ロードレースを繰り広げます。3人とも好演。特に私、中村優一っていうか、侑斗に関してはほとんどデネブと同じような目線で見てしまうのであった。柱の陰から「よかったね、侑斗」とつぶやく、みたいな。(わからない方は「デネブ」を「お母さん」とでも読み替えてください。意味はほとんど同じです)
 思えば『仮面ライダー響鬼』の時はかわいそうだった。彼にはまったく非はないのだが、ひどい役を当てられて憎まれて(主にネットで)。それを『電王』で払拭。桜井侑斗という謎に満ちたとてもいい役を得たのです。私、この「桜井侑斗」というキャラ設定がものすごいツボで。自分の時間(存在)を削って変身して戦う、というのもそうだけど、他にもツボ設定がいっぱいあってねえ。ネタバレになるからというより、キリがないのよ、あれもこれもって。いやあ、こんなにツボな男は、しばらく出そうにないです。
 だからいちいち書かないけど、一番ツボなのは、こんなにおいしいのに主役じゃない、というところ! 仮面ライダー電王/野上良太郎役の佐藤健もとてもよかったし、お話も面白かったけど、一番ハマッたのは、侑斗と彼をサポートするイマジン・デネブの存在があったからだなあ。二人とも実はかなり切ない設定なのに、コメディリリーフなんだよねえ。そこもツボなんだよなあ。
『仮面ライダー電王』は基本的に明るくて楽しいのですが、隠されている部分がほんとにシリアスで。それが徐々に見えてくるに従って、大きなお友だちは悲しかったりハラハラしたりするんですが、小さなお友だちにとっては明るくて楽しいままなんでしょう。わからなくてもいいものだし、大きくなってから見直すと「こんな話だったの!?」と愕然とするんじゃないかと思うのですが、とにかく終わり方も明るく楽しいまま。これは大きなお友だちにとっても同じでした。まあ、もちろん矛盾点とか突っ込みどころもあるんですが、見ている間は気にならなかったし、スタッフやキャストの熱意も感じられた。そんなパワフルで健全でありながらも大人なストーリー展開が、今現在も人気がある理由なのだと思います。
 そうなのー、秋には新しい映画が公開だってさー。良太郎も侑斗も出るので、見に行くか考え中。なぜ迷っているかというと、春の映画を見に行ったんだけど、これがねえ……もにょもにょ……だったので。ちょっとしか出ないのかなあ、と思いつつ、まだ考え中。

|

« まんがグリム童話 異聞おとぎ草子 〜日本の鬼女・妖女 | トップページ | 夢日記:茶運びペコちゃん »

コメント

こんばんは、矢崎さん。
私も「電王」大好きです。侑斗とデネブのコンビ、最高ですよね。肝試しの回とか特に好きです。
前回の映画は確かに物足りない部分がありましたし、今度の新作も特別出演なので出番は少ないでしょうが観に行く予定です。彼らのその後が気になりますし、見れば想像も逞しくなりますし(笑)
話はかわって、私は西澤さんが会長である「ぶたぶた普及委員会」の会員です。なので職場で同僚に「ぶたぶた」を貸し出しているのですが返される時におまけがついてきます。それも全て「食べ物」 とても「ぶたぶた」らしく美味しく頂いています♪

投稿: スイ | 2008年8月25日 (月) 01時44分

桜井侑斗に私も一票です。
見返りを求めず、自分を犠牲に戦う姿勢は、まさに「仮面ライダー」でしたね。

響鬼の時のことは消し飛びました。

侑斗視点で電王のストーリーを再編集したら、絶対面白いと思います。

私も新しい映画は観にいく予定です。
良いか悪いかは観てみないとわかりませんから。

投稿: アーサン | 2008年8月25日 (月) 09時29分

>スイさん
 デネブと侑斗の母子愛(笑)はほんとに微笑ましかったですよね。デネブの妙な変装が好きでした。最近はいろいろな人がいますから、ああいう人が買い物してても、あまり変に思われないのかな、と納得したりして。
 ぶたぶたの普及、ありがとうございますー。ぶたぶただと、お返しに手作りクッキーとかつけそうですね。

>アーサンさん
 侑斗視点って、絶対に面白いですよ〜。ちょうど私も考えてたとこでした。桜井さん視点も知りたいから、映像じゃなくて小説でもいいから読みたいなあ、とか。やはり切ないお話になりそうですが。

>新しい映画
 やっぱり見に行こうと思ってます。更新したあと、雑誌の記事読んだら、侑斗はよくわからないけど、良太郎はさすがに出番多そうですね。

投稿: 矢崎存美 | 2008年8月25日 (月) 12時49分

こんばんは、矢崎さん。
キバの映画での友情出演は、モモたちじゃありませんので、
期待しすぎないで見てください。
でも、あれはあれで面白かったけど。
「俺、三条」なんちゃって。

投稿: 如月ゆかり | 2008年8月27日 (水) 20時00分

 こんにちは、如月ゆかりさん。
 今年の夏の映画は、ついにパスしてしまいました……。どうにもキバがアレなもんで(^^;)。
 秋のにはちょっと期待。

投稿: 矢崎存美 | 2008年8月28日 (木) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46012/42260822

この記事へのトラックバック一覧です: 私のツボ6『仮面ライダー電王』:

» TBSドラマ『ブラッディ・マンデイ』環境学部ファンブログ [TBSドラマ『ブラッディ・マンデイ』環境学部ファンブログ]
TBSドラマ『ブラッディ・マンデイ』の熱烈ファンたちによるファンブログ。 [続きを読む]

受信: 2008年9月21日 (日) 03時04分

« まんがグリム童話 異聞おとぎ草子 〜日本の鬼女・妖女 | トップページ | 夢日記:茶運びペコちゃん »