« 『いつかの少年』帯あり表紙 | トップページ | 夢日記:白ねずみモーティマーくん »

2008年6月10日 (火)

軍手の使い道

 最近、お風呂で身体を洗う時、軍手を使うようになりました。

 ラジオで佐伯チズ氏が言っていたのを聞いて、「試そう!」と思ったからです(単純)。いや、ちょうど使っていた綿のスポンジにカビが生えてしまったし、何かいいものはないかなあ、と思っていたもので。
 以前は普通の綿タオル(もらいものとかの)を縦半分に切って、ほつれをかがって使っていました。これはけっこう使いやすかった。タオルをそのままだと泡立ちにくいんだけど、これだとちょうどいいし、背中も洗いやすい。スポンジとか海綿は肌触りはいいけど、背中洗うのが大変なのでね。
 そのあと、手ぬぐいも使いましたよ。これもタオル縦半分くらい使いやすかった。泡立てにちょっとコツがいるけど、ほつれを縫う必要がない分、手軽かな。ただ、手ぬぐいが家にないって場合もあるよね。うちにはもらいものの手ぬぐいがたくさんあるけど、買ってまで、とは思います。ただ手ぬぐいは丈夫だし、他にも使い道がいろいろあるから、身体洗うだけでなくおすすめなんですけど。
 で、軍手。化繊混のだととても安いのですが、身体を洗うのならやはり綿100%。さっそく近所の作業着屋さんで買ってきて、使ってみました。1ダース680円。
 これが思ったよりもいいのです。これも泡立てにちとコツがいりますが、慣れれば平気。何よりも手と同じ感覚で洗えるのがすてき(片手でもいいと思いますが、両手の方ががしがし洗えて楽なんじゃないかな)。手で洗うよりきれいになるというか、すみずみまで洗い残しがなくなる感じです。いや〜ん、うまく説明できない〜。とにかくかゆいところに手が届くというか──手が届くところすべてを細かく洗えるというか。
 まあ、問題は背中なんですが、私は今のところ手が届くので、ちゃんと洗えているようです(たまにグキッてなるけど)。ほんと、そこだけはどうにもねえ。身体が固い人は大変かも。しかし、これはスポンジ類には共通する問題なので、それを差し引いてもこの洗いやすさは特筆すべきことではないか?
 佐伯さんは、これで顔まで洗うそうだけど、私はそこまでしていません。でも、ボディソープではなく顔に使っているせっけんだったら、そのまま洗ってしまうかも。

|

« 『いつかの少年』帯あり表紙 | トップページ | 夢日記:白ねずみモーティマーくん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46012/41495400

この記事へのトラックバック一覧です: 軍手の使い道:

« 『いつかの少年』帯あり表紙 | トップページ | 夢日記:白ねずみモーティマーくん »