« 冬になる前の雨 | トップページ | 私のツボ5『月光』(ネタバレあり) »

2008年5月28日 (水)

私のツボ番外編「井上靖さんのこと」

「私のツボ」の番外編です。井上靖さんのこと。

 井上靖さんのことを「私のツボ」で取り上げたい、と思ってるんだけど、本がみんなどこかへ行ってしまっていて……あああ、バカなことしたなあ、と相変わらず嘆いている毎日です。
 全集がほしい、とずっと思っているのですが、貧乏な私には無理……。私が住んでいる区の図書館にはあるかなっ? 今度探してみよう。せめて読み返せるのなら、と思うのです。貸出不可なら、通って読みますよ。
 でも私、実は井上さんのなら何でもいい、というわけではありません。いや、読む分にはジャンル問いませんが、好きなのは恋愛もの。新聞などに連載された、いわゆる通俗小説です。近年NHKでドラマ化された代表作である『氷壁』などもこれにあてはまるでしょう(この作品は「山岳小説」としての評価の方が高いですが)。
 二十代なかばの頃、井上さんの恋愛小説を読みあさっておりました。時代の背景(昭和30年代くらい)もあるでしょうが、題材的には不倫、悲恋が多く、基本的には肉体関係までいきません。男性は独身、女性は人妻というパターンがとても多く──というか、申し訳ないのですが、かなりの作品に共通していました。似たような印象の作品もたくさんありました。(男性が結婚している場合は実力者が多く、女性が若く非常に美しいです)
 その頃でももう、井上さんの恋愛小説は本屋ではなかなか手に入らなかったので、古本屋さんで買っては読み、買っては読んでいました。結末がだいたいわかっているにもかかわらず、読むのがやめられない。興味はたった一つ。
「この二人はくっつくのか」
 いや、くっつかないんですけどね、たいてい。
 今はちょっと気持ちが疲れているので、アンハッピーエンドのものを読むのはつらくて、なるべくハッピーエンドのものを読みたい、と思っているのですが、あの頃は若くて元気だったので、悲恋でもものともしませんでした。けど、結末がわかっている、ということ自体が一種の安心感だったのでしょうかね。今から考えると、どちらでもよかったのかもしれない。過程にどれだけハラハラさせられるか、というのが重要で。
 井上さんの恋愛小説は、とてもサスペンスフルなのです。細かいところが思い出せなくてもどかしいけど、そんな奇抜な設定もあからさまな障害物も出てこない(いや、不倫は充分障害物ですけど)。結末も予想できるのに、二人の行く末が気になって気になってならないのです。若くて独身同士が主人公だとハッピーエンドもあるんですが、基本的には大人の男女の話なので、とても現実的なラストになるんですよね。(思い出して書いてます。あやふやです。自信ないです……orz)
 今の日本の恋愛小説と照らし合わせると、多分とっても読みにくいものなんだとは思います。エモーショナルとは言いにくいし、生活様式も今とだいぶ違うし。家に住み込みのお手伝いさんがいたりして、どんだけセレブだよっ、とか思いますが、それがけっこう普通のこととして描かれていたりする。まあ、裕福な家ではあるんでしょうが、今の「裕福」とも印象違うよね。
 が、このしっとりとした大人の恋愛小説が復刊されるといいなあ、と私はずっと思い続けているのです。しっとりしているのに、ドロドロしてないし。そう。ドロドロしてないんだよ。こう言ってはなんですが、とてもクールな恋愛小説だと思うのです。浮かれることもあからさまに気持ちを表すこともしないけど、愛し合う二人が出会って別れる、という、ただそれだけのことを淡々と描き尽くす。
 今読み返すときっと、妄想のツボを思い切り押されそうで、怖いです。『氷壁』はちゃんととってあるんだけど、「私のツボ」で取り上げるんだったら、他のにしたい、と思ったりしているし。
 しかし、Amazonでの井上さんの本はほとんど歴史ものですね……。これは老後の楽しみだな。
 新潮文庫の『氷壁』と最近、角川文庫から出た新刊へのリンクを貼っておきます。

氷壁

|

« 冬になる前の雨 | トップページ | 私のツボ5『月光』(ネタバレあり) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46012/41354117

この記事へのトラックバック一覧です: 私のツボ番外編「井上靖さんのこと」:

» らくらくロボット掃除機 便利でお買い得品 [グッズプラス〜便利なアイテム、お買得品探し]
ペットのように動き回り、お掃除をしてくれるろロボット掃除機。バンパーセンサーで壁など感知しながら、お部屋の隅々までしっかりお掃除。落下防止センサーも搭載しているので、階段付近なども安心です。また、お掃除が完了すると、充電ステーションに自動戻って充電を始めるので、まったく手間がかかりません。 どうしてもテレビで見ているとこのロボット掃除機が便利そうで一人暮らしでペットのいる家では便利なアイテムだとおもう、安いものは祖pレナ李だ�... [続きを読む]

受信: 2008年5月30日 (金) 14時59分

« 冬になる前の雨 | トップページ | 私のツボ5『月光』(ネタバレあり) »