« よりぬきmixi日記2/5 | トップページ | レッツ学校! »

2006年2月19日 (日)

よりぬきmixi日記2/16

 よりぬきmixi日記第2弾です。更新できないかと思った……。トリノオリンピックのこともあるし、今出さないとダメですね。
====================
「きれいな顔」

 かつて私は、とある占い師に「あんたは男だ」と言われたことがあります。「見た目女だけど、中身は男」と。
 納得の言葉です。多分そのとおり。作家としては、珍しくないような気もしますけど。
 自分が男だなー、と感じることは多々あるわけですが、一番思うのは、いわゆる「イケメン」というものに一切興味がない、というところ。ちょうどオリンピックのイケメン特集とかテレビでやってるし、実際に競技を見たりもするのですが、全然ピンと来ない。「技がすごい」とか「演技がきれい」とか思うけど、顔なんか見てやしない。フィギュアスケートの男子の中に美少女のような選手がいましたけど、「女の子みたーい」と面白がるだけであとは特に……。顔なんて、区別つきゃいいじゃん、みたいな。
 若い頃からそうで、色気づく中学の頃から好きな俳優はクリント・イーストウッドとかジーン・ハックマンで、アイドルになんか見向きもしませんでした。「あんたは男」と言われて、それもなるほど、と思いましたが、あまりに顔に興味がないのって、変なのかな、とも最近思ったりして……。
 だって男なら、もう少し美女に興味があってもいいもんじゃないか、とも思うのですが、それもイケメンと同程度の興味しかないのですね。つまり、「きれいな顔」自体に興味がないみたい。
 だからといって人間を外見で判断しない、とまでの境地には至っていないような気がするのです。好みは絶対にあるわけだしねえ……。
 ということであるなら、男も女も関係ないわけで──でもまあ、自分が「女」と言われるより「男」と言われる方が納得いくのはなぜなのかなあ。

|

« よりぬきmixi日記2/5 | トップページ | レッツ学校! »

コメント

今晩は
一週間から十日の周期で覗かせてもらうようにしてます。
今回の御自分の、「きれいな顔」の記事で腑に落ちました。
(こんな言い回しあるのかな?)
実は覗いた当初、矢崎さんは男だと思い込んでおりました。
先日、プロフィールを見て、へえ、女性だったのという、我ながら呆れる鈍感さでした。
当方、田舎町に棲んでおります関係であなたの著作作品に未だお目にかかっておりません、上京した折りにでも探してみます。
それではまた・・・

投稿: B-Y | 2006年2月21日 (火) 02時26分

 B-Yさん、こんにちは。
 昔、パソコン通信(古っ)時代には、よく男性と間違われたものです……。
 私の本は、ネットで注文する方が確実に手に入るかと思います。本屋さんで探すのがお好きな方はまだまだたくさんいらっしゃいますが、東京の書店でもなかなか……ごにょごにょ。

投稿: 矢崎存美 | 2006年2月21日 (火) 09時04分

昨日の今日で今晩わ。
昼間、川越の街なんぞに出かけました。
大きい本屋をのぞいたのですが・・・・
しかし、わたくしはこういう巡り合わせには慣れてます。
友人や身内の、超売れない男の本を、発売の度に書店巡り、
くたびれ果ててとどの詰まり通信販売というパターンを
恒常的にやっています。
書架に並べられた本を手にとって購入したいのです。
思わぬめっけものにもありつけますし、時間の贅沢です。
今度は池袋へ酒を買いに行くのでその折に挑戦します。
それでは、・・・ゲットを祈ってくださいませ・・・

投稿: B-Y | 2006年2月22日 (水) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46012/8735551

この記事へのトラックバック一覧です: よりぬきmixi日記2/16:

« よりぬきmixi日記2/5 | トップページ | レッツ学校! »