« ノートン先生さようなら | トップページ | もっと日記書こう…… »

2004年10月25日 (月)

新潟県中越地震

 昨日(10/24)は、一日テレビにかじりついていました。
 23日の地震は、震源地の災害状況がわかるにつれて、恐ろしさが募る。テレビの中でアナウンサーが「今揺れてます、揺れてます!」と言っていると、東京でも数秒遅れてぐらぐらと揺れる。今まで何もしてなかったけど、やっぱり非常持ち出し袋を作らないと、と思い、水や食料、ラジオやライト、薬などを丈夫なリュックに詰めました。他にも入れなきゃ。買ってから一度も使っていない寝袋も――入らないけど、持ってけるようにしとかないと。
 地震の前――土曜日の昼間は、東京国際エンタテイメントマーケットに行って、PSPの『どこでもいっしょ』を試遊してきたのです。朝早く行ったのでたっぷり遊べました。とてもきれいな映像と動き、音楽もクリア。思ったより大きくないし、キーも使いやすそう。トロちゃんの声もお話も相変わらずだし、おでかけをしてみるとクロもいる。ドット絵のポケピたちがいないのは非常に残念だけど。
 そんなこんなで早起きしたので、地震の時はもう家に帰っていて、床に寝っ転がっていたのです。
 背中からずん、と突き上げるような鈍い衝撃があり、そのまま「揺れてるよ、揺れてるよ!」と叫んだら、エレクターに積んであった本がどさどさと下に落ちた。あわててテレビをつけたら、新潟で震度6強――びっくりしました。今朝も余震で飛び起きた。
 被災地の方々にはお見舞いを申し上げます。脱線した新幹線には、言葉もなかった。被災地の方々だって、昼間は私のように楽しく過ごしていた人も多かったろう。天気もよかったし。なのに、一瞬にしてすべてなかったことにする地震は本当に怖いです。

|

« ノートン先生さようなら | トップページ | もっと日記書こう…… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46012/1772785

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟県中越地震:

« ノートン先生さようなら | トップページ | もっと日記書こう…… »