« トロと旅するDVD | トップページ | 新潟県中越地震 »

2004年10月22日 (金)

ノートン先生さようなら

 先日、旦那が「iTunesが音飛びした」と言っていました。
「えー、そんなあ〜」と思っていたのですが、昨日、私のiTunesも音飛びして、とても恐ろしい経験をしました……iBookG4にしてから、トラブルらしいトラブルはなかったので、ちょっとびびった。iTunesは仕事の際の必需品。音楽がないと書けないし、たくさんの曲をシャッフルしてかけてくれるiTunesはとても便利なのです。壊れるのは困る。
 iBookも使い始めて半年たつし、そろそろメンテをしないといけません。今日はちまちまとバックアップをとりました。原稿だけはまめにとっているのですが、その他は手つかず。と言っても一番大切なのは原稿で、あとはメールのログとか――画像がほとんどないので、元々大した容量ではないのですが、音楽のファイルはでかいね。DVD-Rに焼ければ楽なんだけど、書きこめないドライブなので、CD-R何枚かに分けてとりあえずのバックアップが終わりました。
 AppleCareについてきたTechToolDeluxeというユーティリティソフトをインストールして、ディスクを検証してみると、「別に何ともないよ」というお返事。一応断片化を解消しときたいな、と思ってどうやるのかしら、と調べてみたんだけど、よくわからない……。
 そうこうしていろいろ探しているうちに、NortonUtilities(以下ノートン先生)Macitosh版8.0を発見。OSXにも対応しているというので、さっそくインストールして診断してもらいました。ところがノートン先生、「重大な問題が発生しました」を連発。あげく、「ああもう、やってられないす……」と言うように勝手に終了。
 ここでやめておけばよかったのに、「ノートン先生のCDから立ち上げて診断と断片化を解消してもらおう」と思った私は、起動ディスクをノートン先生のCDに変更して再起動。
 そしたら、Macが立ち上がらなくなってしまいました!
 焦ってマニュアルを読むと、
「このバージョン以後に発売されたMacだと、CDは使えないことがあります」
 と書いてある! ああー、もっとよく読めばよかった! このiBookは今年発売……当然、ノートン先生8.0よりあとです。しかし、もう起動ディスクが変更してあるので、何をやってもどうにもできない! うおおおお……あとの祭り。
 そうだ、こんな時のためにAppleCareのProtectionPlanを申し込んだのではないか。三年間無料保証、電話でのサポートつき。
 さっそく電話をしました。けっこう待たされたけど、何とか落ち着いた声の女性につながる。
「ノートン先生のCDが起動ディスクになったままなんです!」
 あわてる私に「あれをしてください」「これをしてください」と冷静にいろいろと教えてくれる。かなりの時間をかけて、ありとあらゆることをしましたが、起動ディスクは変更できないし、CDも取り出せず――。
 結局最後には、UNIX(多分)の画面を出して、CDを強制排除。ようやく元に戻りました……。そのあと、教えてもらった別の方法で検証し直してみたけど、やっぱり「特に異常なし」と出た。
 じゃあ、ノートン先生の「重大な問題」の連発ってのは何だったの!?
 と旦那に訴えると、
「ノートン先生は心配性なんだよ」
 ……。
 そういえば昔、クラッシュガードというのをオンにしておいたら、仕事中に、「このファイルはクラッシュしそうだから、終了します」と勝手にワープロソフト終わらせられたことが何度もあった。「しそうだから」って何だよ、してないじゃん! と怒り狂ったなあ。
 けど、もうMacintosh用ノートン先生の新しいバージョンは出ないそうで――心配性のノートン先生ともこれでお別れ。さよなら、長い間お世話になりました。TechToolDeluxeを勉強します。なのに、NortonUtilities8.0、買ってずっと使ってなかったもんだから、今日ユーザー登録しちゃったよ。

|

« トロと旅するDVD | トップページ | 新潟県中越地震 »

コメント

はじめまして。書き込みさせていただきます。
ノートン先生はウチも使っていますが、
アンチウイルスソフト以外のものを入れると
2chに書き込めなかったりします。
以前はアンチウイルスソフト自体がやられて
(知らない間にセキュリティーを解除された)
えらい目に会いました。マック使いの友人に言わせると
「ノートン先生は総合病院だけど藪医者だから」
だそうです。おまけに「窓」なんか使ってるからダメなんだよ
「マックにしなよ」と言われました。

投稿: 名古屋是清 | 2004年12月 5日 (日) 18時00分

 はじめまして。
>「ノートン先生は総合病院だけど藪医者だから」
 なるほど〜! 何だか納得……。Mac用のクリニックを探さなくてはなりませんね。この書き込み以後、何もしていないし……不安だ。

投稿: 矢崎存美 | 2004年12月 6日 (月) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46012/1747179

この記事へのトラックバック一覧です: ノートン先生さようなら:

« トロと旅するDVD | トップページ | 新潟県中越地震 »