« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月の6件の記事

2004年9月27日 (月)

PSPどこいつに期待!

 初めてトラックバックしていただいたのですが、コメントの二重投稿とかして恥ずかしー。まだまだブログに慣れません。
 で、そのトラックバックはトロいつというかどこいつに関すること。週末の東京ゲームショウ2004で試遊してきた人たちの情報をネットなどで読むと、PSP版の『どこでもいっしょ』、とっても評判が良いようです。やはり、原点回帰プラスちょっとパワーアップという感じらしい。期待大。
 私はゲームショウ、行きたかったけど、断念しました。ビジネスデーに行けないのでは、ちょっと大変すぎるかなあって。試遊できなくたって、どうせ買うしさっ。そのための貯金と思えばいいのさっ(ううう……)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年9月19日 (日)

祖母のチャーハン

 仕事と外出と、ちょっと体調を崩したり何だりで、しばらく日記が書けなくて……。まあ、お医者さんにも行ったし、17日の江戸川乱歩賞のパーティーも楽しかったので、やっと復調してまいりました。
 昨日18日は、気まぐれでめったに開かないという噂のある赤羽の某中華料理店で夕食を食べました。通りかかったらやっていたので、次はいつ入れるかわからないぞっ、と思って。いつもチェックしているわけではないのですが、引っ越してきてから開いているのを私が見たのは昨日含めてたった2回。しかも1回目はまだ何も知らなかったので入らなかった。そのあと「おいしい」と聞いたのだが、そうなると開かないものなのね……。「食べたい」と熱望して何ヶ月たったでしょうか。
 とにかく念願の焼き餃子とチャーハンを注文。焼き餃子、小ぶりで皮がもちもちっ。噂どおりおいしかったです!
 いやしかし、驚いたのは餃子よりもチャーハン。香ばしくておいしい、という普通の感想は、この際置いておきます。私が一口食べてびっくりしたのは、祖母の作ったチャーハンと同じ味がしたからなのです。
 小学生の頃、私は事情があって祖父母宅に住んでいたのですが、たまに祖母が朝、チャーハンを作ってくれることがありました。朝から!? と思うかもしれませんが、作ってくれるのは冷やごはんがある時だけ。……ま、けっこう頻繁にあったんですけど。でも、その当時の私は偏食気味で食が細かった(今は何でも食べます)。好物のそのチャーハンだとたくさん食べたので、祖母がよく作ってくれたんだろうなあ、と今は思います。
 今でも元気な祖母は、その当時もなかなかワイルドな人で、作ったチャーハンを鉄のフライパンのまま、食卓に持ってきたのです。だいたい量は茶碗に軽く2杯。フライパンから茶碗によそって1杯目を食べている間に、ちょっとおこげができる。1杯目は玉子が半熟、2杯目は香ばしいおこげ。ということは、最初ではなく最後に玉子を入れているので、厳密にはチャーハンとは言えないし、焼豚もネギも入ってない玉子とごはんだけのものなのですが、祖母にとってはチャーハン。私にとっては大好物。特に2杯目のおこげが。そして、昨日のチャーハン、まさにその香ばしさがなつかしさをかきたてる。焼豚もネギも入っているのに、なぜ同じ味!? というか、祖母はいったいどうやって作っていたの!?
 言っておきますが、祖母の料理の腕がいいというわけではありません。ごくごく普通です。ただあのチャーハンに関してだけは、味つけとか火の通り具合とか玉子とごはんの量とか、たまたますごく絶妙だったのかなあ──けど、味つけは多分しょうゆと味の素くらいですよ。がーっと炒めて、だーっと玉子とかしょうゆ入れて、ばーっとかき混ぜて──というくらい適当であったと思います。
 なのにどうしてあんなによく似てるんだろう……。
 中華屋さんの名前、書こうと思ってたんだけど、なんか悪い気がしてきた……。うちのばーちゃんのチャーハンとそっくりな味って……いい意味にとってもらえる? もちろん、おいしかったんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 6日 (月)

セブンアップって?

 最近、近所に銀だこ茶屋なるものができました。たこ焼きの銀だこなんだけど、たこ焼きだけでなく焼きそばとかたい焼き等があって、イートインスペースもある店です。
 今日のお昼、行ってみました。焼きそばとたこ焼きを旦那と食べていると、高校生らしき女の子3人がやってきて、1人の子が「たこ焼きとセブンアップ」と注文しました。連れの子が彼女に訊きます。
「セブンアップって何?」
「わかんないけど注文してみた」
 旦那はその会話を聞いて、「セブンアップを知らないなんて!」と言ってたけど、私も高校生の頃はセブンアップなんて炭酸飲料、知らなかったなあ。田舎の子供だったから、炭酸といえばコカコーラ系か三ツ矢サイダーだよ。たまにペプシ。ジンジャーエールやセブンアップは東京で遊んだり生活するようになるまで縁がなかったです。
 それより、ちょっと前、お台場の食べ放題レストランでお昼を食べていた時、隣の席に座った修学旅行生らしき女子高生たちがかわいかったな。飲み物のメニューを見ながら、不安そうに、
「ねえ、この『コーク』って何?」
 と話し合っていた。
 コカコーラのことだよ、と教えてあげればよかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 4日 (土)

秋の色?

 もう9月なので、とりあえずのデザインだったものを秋っぽくしてみました。秋っぽいというか、つまりは茶色っぽいデザインに、どうしてもなってしまいますね。他に秋を連想させる色って何だろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 3日 (金)

トロといっぱい

 2日、『−どこでもいっしょ− トロといっぱい』(以下トロいつ)がプレイステーション・ドットコムから届きました。今回の舞台は空き地。時間の流れからいうと、シリーズ第1作『どこでもいっしょ』よりちょっと前のお話になります。だから、トロの声が多少幼く、足音も心なしか高い感じ。何でトロが空き地にいるかというと――これがまた切ない理由があるのだが……。
 白猫トロに対して、空き地には黒いノラネコがいっぱい。最初は仲良くしてくれませんが、トロとプレイヤーがお話をしたり、言葉を教えたりしているうちに、その言葉がクロネコたちの名前(腹文字)になって、トロとも仲良くなっていきます。
 さっそくやってみての感想――「トロがかわいい!」というのは、トロ好きにとっては当然のこと。面白さを客観的に評するのは難しいことです。私は充分楽しんでいます。
 けど、やればやるほど思うのは、
「PSP(プレイステーションポータブル)版の『どこでもいっしょ』が楽しみ!」
 ということ。いや、トロいつが出たばっかなのにナンですが、期待がいやが上にも高まるというか――。
 だって昨日、私がトロいつやっているのを旦那が見ていたのだが、トロってば、
「ファーストキスの相手を教えて」
 とか訊くんだよ! 拒否するのもかわいそうなので、答えざるを得ない。旦那の手前、見られるのはやっぱ恥ずかしいわけです。でも、PSPなら隠れてできるからね。微妙な答えも躊躇せずに入力可能。
 けどPSPの『どこでもいっしょ』、基本的なゲーム内容は昔のと一切変えて欲しくない。ちょっと便利になってるとか、画像がきれいになってるとか、その程度で充分。ドット絵のポケピたちでさえ、どっかに残してほしいと思うくらいです。トロだけじゃなくて、他のポケピたちと遊べるのもうれしい。特にリッキーね。早くスパーリングの練習につきあってあげたい。
 ああ〜、どうなるのかな〜、楽しみだな〜――でも、PSP、いくらするのかな……。3万円、超えるかなあ……お金貯めとかないと……。

 それはそうと、『トロと流れ星』。ノベライズが出るって言ってたはずなのに、一向に出る気配がない。企画自体がなくなったのか、ライターが遅いのか。もし後者だったら、私、書くわ! どんな過酷なスケジュールだって、引き受けるわ!(いや、頼まれないって……)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年9月 1日 (水)

私の膝の裏

 画像アップロードの練習のため、ガンダムの膝の裏を撮ってみました。
 私の膝の裏はこうなっているみたいです。
gundam.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »