最新刊『編集者ぶたぶた』発売中!

『ご挨拶』最新刊の情報はこちら

※初めての方はご一読ください!

 いらっしゃいませ。
 ここは小説家・矢崎存美(やざき ありみ)の公式ブログ「矢崎電脳海牛(やざきでんのうかいぎゅう)ブログ(矢崎存美のぶたぶた日記)」です。
 日常雑記、仕事情報、読み物(コラム、夢日記、ネタバレあとがき等)などがあります。
 日常雑記は、現在ほとんどTwitterの方でまかなっております。→ Twilog
 プロフィールはこちら。リンクはご自由に。
 ぶたぶたシリーズの巻数、順番などについては、こちらの記事「ぶたぶたシリーズリスト」を参照してください。(山崎ぶたぶたのInstagramもあります)

 どの記事にコメントすべきか迷った時は、最新記事か掲示板かこの記事のコメント欄へどうぞ。(コメントが反映されるまで少し時間がかかります)
 コメントは、まとめてひと記事でお返事するようにしています。最近は多忙のため、コメントのお返しはできておりません。ごめんなさい……。Twitterのリプライも含め、いつも楽しく読ませていただいております。ありがとうございます。

 なお、記事の内容と関係ない、あるいは不適切だと判断したコメントやトラックバックは、予告なく削除する場合があります。

 読者の方のメールのお返事は、基本的にブログでさせていただいております。どうかご了承ください。

 メールでお返事をする場合は、時間がかかることが多いと思われます(お仕事のメールはこの限りではありません)。スパムメールに紛れて削除してしまう可能性もありますので、なるべくブログのコメント欄や掲示板をご利用ください。なお、差出人のお名前のない方にはお返事できない場合もあります。
 よろしくお願いいたします。

| | コメント (56) | トラックバック (0)

2019年4月27日 (土)

『2030年のハローワーク』&『この橋をわたって』の書評

図子慧さんの新刊『5分でわかる10年後の自分 2030年のハローワーク』(KADOKAWA)を送っていただきました。ありがとうございます!
中学生たちが「未来のハローワークVRツアー」を通じて将来の仕事や働き方を体験してみる、というジュブナイル風の実用書です。子供たちでなくても、将来消える仕事、残る仕事は気になることですよね……。親子でぜひどうぞ。

それから、今日発売の雑誌「波」(新潮社)に、新井素子さんの新刊『この橋をわたって』の私の書評が載っています。
新井さんがデビューした時のことや星新一さんのことなどを書きました。
こちらもよろしくお願いします!

 

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

小説宝石5月号に『嘘と約束』PRエッセイ

4/22に発売した雑誌「小説宝石5月号」に、私が書いた、アミの会(仮)アンソロジー『嘘と約束』(光文社)のPRエッセイが載っています。
青山でやったアミの会(仮)のオサレな打ち合わせのことなど書いております。
『嘘と約束』が出てからわかったこと──このタイトルは、すごくエゴサーチしにくいな、ということ(´ω`;)。「嘘」と「約束」という無造作な言葉を並べたタイトルなのに、とても不穏で魅力的! と気に入っているのですけれど、無造作すぎてみんな使っていて、エゴサで出てくるツイートが多すぎて、まっっったく絞り切れない! まだ実際にお読みになった方の感想を目にしていないのでした。盲点だったわー(´Д`;)。

 

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

『この橋をわたって』

新井素子さんの新刊『この橋をわたって』(新潮社)を送っていただきました。ありがとうございます!
2010年代の短編を集めたものです。ぬいぐるみも猫も出てきます(´∀ ` )。4/25発売です。
この作品に関しては、後日ちょっとお知らせがあります。もう少しお待ちくださいねー。

ココログ、リニューアル後ものすごく使いづらくなったのですが、だいぶ改善されたよう。でもまだなんだか危なっかしい……。あと、改行がやたらあくのをどうにかしたい……。
Amazonのリンクとか、リッチテキスト使うとうまく貼れないし……まあ、なんとかなってるからいいんですけどね(´・ω・`)。

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

アミの会(仮)アンソロジー『嘘と約束』本日4/18発売!

アミの会(仮)アンソロジーの第六弾(七冊目)である『嘘と約束』(光文社)が本日4/18発売となりました!

「嘘と約束」をテーマに、「甘美で不穏」なストーリーが展開します。

ダークだけどかわいい表紙は、画家の佐藤翠さんのものです。

Img_2539

破られない約束はない。ばれなければ嘘ではない。これは人生のスパイス。様々なアレンジで、お目に掛けます。(帯裏から)

松村比呂美「自転車坂」

松尾由美「パスタ君」

近藤史恵「ホテル・カイザリン」

矢崎存美「青は赤、金は緑」

福田和代「効き目の遅い薬」

大崎梢「いつかのみらい」

(収録順。敬称略)

内容紹介のリーフレットもあります。作者からのひとことメッセージが書いてあります。ぜひ書店さんで探してみてください。こちらもとてもすてきです!

よろしくお願いいたします!

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

アミの会(仮)アンソロジー『嘘と約束』見本

4/18発売のアミの会(仮)アンソロジー『嘘と約束』(光文社)の見本が来ました! とても美しい本に仕上がっています。

Img_2518 Img_2516

4/10の記事で収録作は紹介しています(発売日にもまたお知らせしますね)。

作品の内容を紹介するリーフレットも作りました。こちらもまたかわいらしい(´ω`*)。

Img_2519

ぜひ書店さんで探してみてください。よろしくお願いいたします!

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

アミの会(仮)アンソロジー『嘘と約束』4/19発売予定

Amazonだと4/17となっていますが、おそらく4/19頃発売だと思われるアミの会(仮)アンソロジーの新刊『嘘と約束』、予約開始しています!

今回のメンバーは大崎梢さん、近藤史恵さん、福田和代さん、松尾由美さん、松村比呂美さん、矢崎存美の6人。今回は私・矢崎がまとめ役になりました。と言っても、だいぶみなさん(特に大崎さん)に頼ってしまったのですが。(ありがとうございました!)

収録作のタイトルがみんなすてきなものばかりなので、ちょっと早いかもしれないけど、ご紹介します。

松村比呂美「自転車坂」

松尾由美「パスタ君」

近藤史恵「ホテル・カイザリン」

矢崎存美「青は赤、金は緑」

福田和代「効き目の遅い薬」

大崎梢「いつかのみらい」

この並び順なのかしら……。実はまだ自分以外の作品を拝見していないのです。私自身も読むのが楽しみで(´д`*)。

どうかどうか、よろしくお願いいたします!

| | コメント (0)

2019年3月29日 (金)

『情事 撮影所法務部妻木悠人の事件簿』

 

安達瑶さんの新刊『情事 撮影所法務部妻木悠人の事件簿』(角川文庫)を送っていただきました。ありがとうございます!

新シリーズのようですね。しかも舞台は昭和34年の撮影所!? 面白そう……。帯には『この世界の片隅に』の片渕須直監督推薦との文字もあります。

さて、ニフティのココログがリニューアルして、なんだかわかりにくくなったと評判です(´∀ ` ;)。

いろいろと対処されているようですが、前回はプレビューができなくて、どうなってるのかさっぱりわからなかったり、Amazonへのリンクがうまく貼れなかったり──まあ、プレビューなんかはSafariっつーか、Macだとできないことがデフォルトだったりするので慣れっこですが、リンクが貼れないのは困る。今回はどうでしょうか? うまく更新できるかな?

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

『愛は、こぼれるqの音色』


図子慧さんの新刊『愛は、こぼれるqの音色』(アトリエサード)を送っていただきました。ありがとうございます!
図子さんとは最近アンソロジーでご一緒することが多く──この間出た『ショートショート ドロップス』(キノブックス)でも。今回もSFとのことです。

この記事を書くためにココログにログインしたら、ブログ編集の画面が様変わりしていて、ちょっと戸惑う……。
基本的には変わらないんだけど、使い慣れていないと困りますね。いや、私があんまり更新しないのが悪いんですけどね(´ω`;)。

| | コメント (0)

2019年2月23日 (土)

『密原トリカと七億の小人とチョコミント』

太田忠司さんの新刊『密原トリカと七億の小人とチョコミント』(キノブックス)を送っていただきました。ありがとうございます!
今月、大田さんの新刊、三冊ですか! さすがです。しかもすてきな装幀。
最初の方読んだら、「ああ、あれもこの女の子の話だったのね」と合点がいく。不穏でかつクールなトリカさんのショートショート集なのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

『ミート・ザ・ジャンパーズ!』

太田忠司さんの新刊『ミート・ザ・ジャンパーズ!』(光文社)を送っていただきました。ありがとうございます!
今月二冊目の大田さんの本です。すごいなー。しかもこれ、以前太田さんが思いついた時につぶやいていたご長寿インディーズバンドの物語!? 本当に書いたのですね。おめでとうございます! 形にするまで素早い。私も見習わなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『名古屋駅西 喫茶ユトリロ 龍くんは美味しく食べる』