コンタクト

メールアドレス:

1行紹介

最新刊は、『居酒屋ぶたぶた』(光文社文庫)です。

自己紹介文

12月12日、埼玉県東松山市生まれの小説家。現在、東京都在住。
1989年、『ありのままなら純情ボーイ』(MOE出版)でデビュー。ファンタジー、ホラー、お笑いなどを主に執筆。
代表作は、動いてしゃべって料理をするピンクのぶたのぬいぐるみ・山崎ぶたぶた(おじさん、妻子持ち)が活躍する『ぶたぶた』(徳間文庫)、『ぶたぶたカフェ』(光文社文庫)等の「ぶたぶたシリーズ」。臨死体験のできる食堂が舞台の「食堂つばめ」シリーズ(ハルキ文庫)。
矢崎麗夜名義では、1985年、『殺人テレフォンショッピング』で第7回星新一ショートショートコンテスト優秀賞受賞後、少女小説等の執筆歴あり。

※当ブログに掲載されている記事や画像の著作権は、管理者である矢崎存美に属します。当ブログに寄せられたコメントなども、書き込まれた方々が著作権の所有者です。
これらの無断転載や再配布は、固くお断り申し上げます。